世界の中の日本

日本の労働環境は世界と比べてどうなのでしょうか?日本独自の傾向を踏まえながら見ていきたいと思います。

日本では男女雇用機会均等法が施行され数十年が経っていますがいまだ、男女の間での労働賃金の格差は埋まっていません。男性は平均600万円くらいの収入があるにも関わらず女性では300万円です。これは女性が結婚や出産を気に仕事をやめてしまうことが多い現状を表しています。

こうしたM字カーブと言われる日本独特の女性の雇用状況はなぜ起こっているのでしょうか?まず日本では大卒の高学歴の女性であっても、結婚、出産で仕事を辞めてしますことが多いのです。これは海外では珍しい現象です。キャリアがストップしてしまうと再就職を数年後にした場合、非正規の派遣やパートになることが多いと思われます。よって収入の格差が広がるのです

女性が高所得の男性、もしくは平均以上の稼ぎのある男性と結婚生活を維持している場合にはとくに問題ありませんが、もし離婚することになると大変です。こどもがいて、母親が親権をもった場合養育費をもらえたとしても、自分に安定した稼ぎがないと年収が150万円ほどになってしまいます。一方男性は、離婚して養育費を出したとしても450万ほどが手元残り、以前と変わらない生活水準を保てます。離婚した母子は一気に貧困に苦しむ事になるでしょう。

こういったリスクを考えると、女性の働き方を日本でも見直すことが必要なのではないでしょうか?女性が結婚や出産をしても家事や育児をしながら働き続けられる環境づくりが必要です。時短勤務や育児休業が取れるのは大手の企業が中心です。また、仕事を一緒にする人たちの理解も必要となってきます。こうした男女平等の意識が日本ではまだまだ確立されていません。もっと政府が主体となって、働きやすい環境を作っていくべきです。そうすることで日本の減っていく労働人口を食い止めることにつながるでしょう。